会費金額は2万円が理想|レストランウェディング

会費制結婚式とは文字通り会費で行う結婚式の事を言います。通常、結婚式は建前上「ゲストをご招待する」となっています。とは言え日本の結婚式にはご祝儀という制度があります

日本の結婚式のご祝儀平均金額は約3万円です。最近では上司や先輩も一律3万円となってます。結婚ラッシュの年頃の方は毎週結婚式に呼ばれるという事もあると思います。その都度3万円のご祝儀を包むのも大変です

そこで、最近注目を集めている結婚式の形に会費制結婚式というスタイルがあります。会費制結婚式はご祝儀で行われる結婚式に比べて、リーズナブルで雰囲気よいレストランなどを利用して行われる事が多くあります

会費制結婚式のスタイルは2つ

会費制結婚式のスタイルには大きく2つのスタイルがあります。1つはビュッフェ形式で行われる会費制結婚式。もう1つはコース料理で行われる会費制結婚式です。この2つのスタイルは全く違う会費制結婚式になります。

ビュッフェスタイルは2次会

ビュッフェで行われる会費制結婚式の会費は首都圏では1.5万円~1.8万円が平均的な会費設定と言われています。しかしビュッフェ形式の会費制結婚式はカフェのような会場で行われる事が多く、雰囲気的には結婚式の2次会のような雰囲気となります。

コース料理スタイルはご祝儀制結婚式の雰囲気

一方でご祝儀で行われる会費制結婚式の雰囲気はご祝儀で行われている結婚式の雰囲気に近くなります。会費設定は2万円~2.5万円が首都圏の平均会費価格になります。最も多い設定では2.3万円がバランスもよい会費設定になります。

2万円の会費設定は人気

人気の会費設定金額は「コース料理で2万円の会費」がとても人気の会費設定になります。2万円の会費設定で会費制結婚式を行うには「安いコース料理を出せるレストラン」を探す必要があります。会費制結婚式の会費の中には料飲食代金の他にもプロデュース会社の費用やウェディングアイテムの費用も含まれて計算されています。その為、2万円の会費設定で出来るレストランを探すと比較的安い料理のレストランを探す必要があります

自己負担金額は必要です

2万円の会費で会費制結婚式を実施する事も出来ます。会費制結婚式の場合には全てのゲストから2万円会費を頂く事になります。単純な事ですが「会費2万円×人数」が当日集まる金額になります。足りない金額は自己負担金額として支払う必要があります。

会費制結婚式で会費2万円を設定する事はできますが、バランスの良い会費制結婚式にするにはお店が限定的になる可能性があります。

ゲスト会費を2.3万円程に設定すると選べるレストランの数が増えると思います。

レストランウェディング|東京・神奈川・千葉・埼玉|首都圏版

モキチ結婚式 の詳細・お問合せはコチラから

東京レストランウェディング|少人数ウェディング
高級店|レストランウェディング
簡易的な人前式|レストランウェディング
レストランウェディング|おしゃれなアイテムを自作する
資料請求後に営業電話|レストランウェディング
激安ウェディングをしたい人 | レストランウェディング