宴内人前式|レストランウェディングの挙式

挙式を外部や挙式スペースでしっかりと行うのではなくてもゲストの前で結婚を誓う事ができます。レストランウェディングでは移動がなくゲストに負担のかからない宴内人前式もご提案します。

宴内人前式、聞きなれないフレーズに感じますが、この式は披露宴会場で人前式を行うスタイルになります。

◇宴内人前式の良さ

一番はゲストの移動がなく進行がスムーズになります。レストランにもテラスやガーデンのある会場がありますが、どれも移動が伴います。会場によっては挙式スペース迄の距離、バリアフリーの対応があるか、階段を使って移動する、挙式の収容人数が限られている等ゲストに参加していただくのが難しいケースもあります。季節による天候の心配も考えると移動なく挙式ができるのは最大のメリット!

また、予算については挙式スペースを借りるのにもチャージ料がかかる事もほとんど。音響設備のない屋外だと別途機材手配も必要になる事も。

レストランやプロデュース会社によって料金や音響設備については様々ですので必ず確認しましょう。

人前式は式次第がオリジナルになります。

ご家族や親族で別途挙式を行った方が友人中心の披露宴に組込みたいケース。ご家族も友人も合わせての披露宴に取り入れたいケース。移動が心配で挙式に呼べなかった親族にも参加していただきたいケースなど。お二人のご希望に合わせて柔軟に対応できるのもメリットの1つです。

◇宴内人前式の進行

宴内人前式の進行は、通常の人前式とほぼ同じ進行で進められることが多いです。

新郎新婦入場→誓いの言葉→指輪交換→ベールアップ→ウエディングキス→結婚証明書に署名→承認の拍手

宴内のため、人前式が終わったら退場することはなく、そのまま披露宴やウエディングパーティーがスタートとなります。他にもオリジナル演出を取り入れることもできますので、イメージしている内容があればプランナーに相談しましょう。

◇宴内人前式を行う場所

宴内人前式を行う際は、新郎新婦のメインテーブル(高砂)で行うケースがほとんどです。そのため式が始まる前は、食器などはさげておき、リングピローや結婚証明書、署名用のペンなどが置けるスペースを確保しておきましょう。

新郎新婦が別々で入場する場合、新郎が会場内に入りメインテーブル前で待っています。新婦とエスコート役(新婦父や母)が一緒に入場し新郎の前で引き渡し、新郎新婦揃ってメインテーブルにつきます。(この時着席することはなく立ったままです。)

宴内人前式は比較的アットホームに式をあげられるので、挙式は緊張するから苦手、「式」だと敷居が高い感じがして自分たちらしくない、挙式は家族だけて行ったけれど友人にもお披露目したい、などのご希望がある方にピッタリです。気になることはプランナーに相談してみましょう。

会費制結婚式、1.5次会 の無料相談のお問合せはコチラから

モキチ結婚式 の詳細・お問合せはコチラから

東京・神奈川・千葉・埼玉|首都圏版

ご祝儀結婚式が出来る会場が激減
MOKICHI(モキチ) 結婚式 | 茅ヶ崎・湘南 ウェディング
レストランウェディング|千葉県 会場探し|プロが教える裏技
東京 レストランウェディング|少人数 10名
レストランウェディング|おしゃれなアイテムを自作する
埼玉ウェディング|埼玉隠れレストラン