ゲストハウスウェディング

ゲストハウスウェディングとはどんな結婚式のスタイルなのでしょうか?ゲストハウスウェディングとは1日1組限定の結婚式というコンセプトで今から20年程前からスタートしたウェディングスタイルです

アメリカ大統領が住んでいるホワイトハウスのような雰囲気の建物にプール付きの家をイメージした建物がゲストハウスウェディングの王道

最近では、1日1組というコンセプトは無くなりつつあるようですが、1組の結婚式が行われているときは別の部屋では結婚式が行われていないというコンセプトのゲストハウスウェディングもあります。

1日1組の結婚式&1軒貸し切りの結婚式です。

費用が安いわけありません。私の知り合いはゲストハウスウェディングを見学に行った際に「このゲストハウスのバージンロードを歩くならこの新郎ではない」と思ってしまう程の金額だったと言っていました。

ゲストハウスウェディングは高級ホテルまで高額ではありません。しかし結婚式の平均価格よりも高額な費用になります。その為、「頑張れば何とかなる金額」という実に絶妙な価格帯の見積もりを提示されます。

私は自分の結婚式をとあるホテルで挙げました。

特別高級ホテルではありませんが、それなりに有名なホテルになります。結婚式に招いたゲストの人数は約80名程になります。何とかゲスト一人当たり3万円程で収まるように調整しようと思いました。

当日は会費制結婚式というサービスもなく、1人3万円の予算にまとめる事はプロの私でもできませんでした。結局、ゲスト一人当たりの予算は4.5万円程になりました

総額360万円です

眺望も素敵な会場を貸し切りにしてコース料理は中間レベル。もちろん飲み物は飲み放題プラン。まずまずの内容です。

実は、私の披露宴の費用が平均的な結婚式の費用感になります。

これと比較するとゲストハウスウェディングの費用が平均よりも少し高い事がわかります。ゲストハウスウェディングでは80名の結婚式の費用の平均は約500万前後になります。

ゲスト一人当たり6万円程が平均費用になります。

ゲストハウスウェディングだけではありませんが、結婚式の場合には前日までに全額指定の口座に振り込みしなくてはなりません。

その為、多くの新郎・新婦は「ブライダルローン」などを活用しています。

支払い時だけブライダルローンに借りて全額を支払います。その後、ご祝儀などと併せてブライダルローンの返済に充てるというパターンが一般的です。

ご祝儀を支払いに充てると自己負担金額は200万円程が持ち出し費用となります。どうでしょう?この金額ならちょっと背伸びするといける金額だと思いませんか?

これがゲストハウスウェディングの特徴です。

「夢のある会場」と「ちょっと頑張れば届く費用」このマジックがある会場がゲストハウスウェディングです。

レストランウェディング|東京・神奈川・千葉・埼玉|首都圏版

モキチ結婚式 の詳細・お問合せはコチラから

レストランウェディング|おしゃれなアイテムを自作する
司会者| 結婚式演出
ウェルカムボード | 結婚式演出
沢山余興をやりたい人|レストランウェディング
シンボルツリー|レストランウェディング
THE KINTAN STEAK|東京人気レストラン情報