サムシングフォーとは|レストランウェディング

サムシングフォートとは、花嫁が以下の4つのものを結婚式の際に身につける事で幸せな生活が末永く送られると言われています。

1.なにかひとつ古いもの(Something Old)

祖先から受け継がれてきた幸せや富を表します。これからも二人の幸せが続くようにという願いが込められています。サムシングオールドのアイテムは先祖代々伝わるものや家族から譲られた宝飾品を選ぶことが多いです。母親や祖母が使った結婚式での衣装やベールなどをリメイクして使ってみても良いでしょう。ほかにも母親から譲り受けたジュエリーなども身に着けてみると良いでしょう。また、この伝統をモノではなく、祖母や母の代から伝わるレシピで料理やお菓子を振る舞ったりする事もあるそう。

2.なにかひとつ新しいもの(Something New)

これから始まる新生活を表します。これから二人が新しい門出をスタートする事を祝って新生活が充実した良い時間となるようにと思いが込められています。

サムシングニューのアイテムは新しいものなら何でも良いですが一般的には白いものを用意する事が多いです。結婚式のドレスやベール、パンプスなどもこれにあたります。

3.なにかひとつ借りたもの(Something Borrowed)

友人や隣人との縁をあらわします。すでに幸せな結婚生活を送っている友人や隣人かららアイテムを借りることで幸せをわけてもらうという意味が込められています。サムシングボローでは友人や姉妹からハンカチやアクセサリー、ベール等を借りて幸せの御裾分けをしてもらうと良いですね。

4.なにかひとつ青いもの(Something Blue)

聖母マリアを象徴するカラーであり純潔をあらわします。

このサムシング・ブルーは目立たない場所につけるのが良いとされ、欧米ではガーターベルトに青いリボン飾りをつけるのが一般的だそうです。日本ではブーケのリボンを青で用意したり青い花を使ってみたり青いアクセサリーを身に着けるのが人気です。

他にもドレスやネイル、パンプスなどを青色で選んだりするのも個性的なアイデアですね。

この習慣はイギリス童話に出てくる「マザーグース」の歌にある詞に由来しています。

なにかひとつ古いもの、なにかひとつ新しいもの(Something old, something new,

なにかひとつ借りたもの、なにかひとつ青いもの(something borrowed, something blue,

そして靴の中には6ペンス銀貨を(and a sixpence in her shoe.

200年以上前からヨーロッパの結婚式で伝統的に取り入れられていますが、現在ではその取り入れ方も多様になっているようです。欧米では誰もが取り入れている素敵なおまじないを、ぜひ結婚式に取り入れてみてください。

レストランウェディング|東京・神奈川・千葉・埼玉|首都圏版

モキチ結婚式 の詳細・お問合せはコチラから

神社・チャペルから移動|レストランウェディングの挙式
ゲストハウスウェディング
シンボルツリー|レストランウェディング
TOH-TEN-KOH 【東天紅】|神奈川人気レストラン情報
レストランウェディング
東京結婚式 | 挙式だけ出来るチャペル