スタッフが若すぎるもNG|レストランウェディング

プロデュース会社を選ぶ基準の一つにスタッフの質という項目があると思いますが「スタッフ質」と言われてもピンとこないと思います。単純にスタッフの対応が良いなどだけの問題で選んではいけません。プロデュース会社を選ぶ際には担当するプランナーの経験年数なども重要なポイントになるのです。

外部プロデュースは難しい

レストランウェディングはレストランを借りてウェディングを行います。その為、結婚式場やホテルよりもウェディングの経験が豊富なスタッフでないと細かな部分の気遣いにかけてしまう事があります。

スタッフが若すぎる場合にはウェディングの経験が単純に少ない場合があります。雰囲気が良い。気が合う。センスが良い。などの理由だけでウェディングを任せてしまうと準備の段階でストレスを感じる結果になってしまう事もあります

プロデュース会社のプランナーはベテランが良い

外部プロデュースは本当に難しいと思います。普段はレストラン営業をしている場所をウェディングができる空間に作り変えます

現地にないアイテムは外部から持ち込みする事になります。忘れ物などはあってはなりません。レストランに発注し忘れてしまったら大変な事がおきます。このような事態を想定しながら準備を進めていくためには、ウェディングの経験が豊富だから気づけることが重要になります。

若い人がアシスタント

ちょうどいいプロデュース会社はベテランプランナーのアシスタントが若いというプロデュース会社がちょうど良いとは思います。あまり出会う事が出来ませんが理想的ではあります。

まとめ

プロデュース会社を選択する際に大切な事はプロデュース会社のプロデュース力を見極める事が重要です。その為の目安としてプランナーの実力を見る必要があるという事になります。ウェディングの経験が最低でも3年できれば5年以上が好ましいと思います。

また、若いスタッフは離職率も高く結婚式寸前で担当が変わるという事もよくある話しです。大きなトラブルが発生する可能性は担当者が寸前で変わった時になります。

若すぎるプランナーが担当するプロデュース会社を選ぶ時には十分に注意しましょう。

レストランウェディング|東京・神奈川・千葉・埼玉|首都圏版

モキチ結婚式 の詳細・お問合せはコチラから

メイヤーライニンガーチャペル|ご祝儀制会場紹介
レストランウェディング|おしゃれなアイテムを自作する
レストランウェディング|着席コース料理
駅までの距離|レストランウェディング
宴内人前式|レストランウェディングの挙式
自己負担金額は必要|レストランウェディング