当日までに全額振込みも避けたい

プロデュース会社を選ぶ際に注意しなくてはならない事に「支払い条件」があります。プロデュース会社の多くは「前日までに全額支払い」または「半額を支払う」としているプロデュース会社が多くあります。レストランウェディングを会費制で行う場合には。当日の会費でと併せて結婚式の支払いをしたいと考えている人も多いと思います。支払い条件はプロデュース会社を契約する前にしっかりと確認をしましょう。

結婚式費用の全額または半額とは

結婚式費用の総額は料飲食代金も含めた費用を指します。例えば総額350万円の結婚式なら350万円を全額当日までに指定口座に支払う事が求められます。半額というプロデュース会社もありますが、多くの場合には全額支払いになります。

なぜ当日までに全額支払うのか?

全額支払いをして欲しいというプロデュース会社は出来ればやめた方が良いのですが、プロデュース会社側の立場からみると「しっかり支払ってもらえない可能性」がある為、当日までに全額支払いをしてもらうようにしているという事だと思います。

例えば、悪意のある方だと「クレームを入れれば安くなる」と考えるお客様も少数ですがいます。「いや支払えない」と言えば粘り勝ちと思っている方もいるかもしれません。このようなリスクを回避する為に全額支払いを徹底していると思われます。

もちろん、このような事を今の時代に実際行うと無銭飲食になりますので警察を呼ばれる可能性も十分にありますので注意しましょう。「本当に納得がいかない状況」が出たとしてもまずは支払いを済ませた後に話し合いを行う事が正しい大人の対応になります。

ご祝儀で行う結婚式を予定している方へ

このページを見ている方の中にはレストランウェディングをご祝儀制で行う予定の方もいると思います。「ご祝儀制+全額支払いプロデュース会社」で契約する際に最も注意するべきポイントを教えます。それは、「自己負担金額の計算方法」になります。

自己負担金額とは「結婚式の総額-ご祝儀」で計算される金額になります。簡単に言えば「ご祝儀でいくらまで結婚式費用を支払えるか?」という事になります。誰でもご祝儀がいくら集まるか気になる部分だと思います。

悪意のあるプロデュース会社と出会う前までは「ご祝儀はあてにしてはダメ」「自分たちで100万円くらいは負担しよう」など考えています。とはいえ、不安もあったと思います。

「100万円じゃ足りないよな・・・もっと金額するんだろうな」

ここで悪意のあるプロデュースはこんな事を言います。

「ご安心ください。ご親族様は多くご祝儀を包んでくれるので平均よりもご祝儀は沢山集まると思います。そうですね・・・1人平均は35,000円程になると思います。」

そこで出てきた見積もりは、結婚式の総額から35,000円×人数で計算されたご祝儀を引いた金額が記されています。「自己負担金額50万円」おもっていたよりも圧倒的安い!!これなら結婚式ができる!契約しよう!とウキウキになります。

ところが、結婚式当日が近づくと異変に気付きます。

まずは前日までに「全額を支払う事」。次に「ご祝儀が思っていた以上に集まってない事」最後に「ご祝儀が集まっていない事は誰にも文句は言えない事」悪意のあるプロデュースはすべて知っているのに間違った計算方法の見積もりで契約をします。

レストランウェディング|東京・神奈川・千葉・埼玉|首都圏版

ご祝儀の平均は3万円です

ご祝儀平均は3万円です。親族が多い場合には「夫婦で出席」される事があります。この場合は2名で5万円が一般的になります。つまり、ご祝儀を多く持ってくる人などは少数なのです。それを知っているにも関わらず平均よりも5,000円も多くご祝儀を見積もっています。更に総人数に掛け算をしています。

例えば60名の結婚で5千円多くご祝儀が計算されれば、30万円程の誤差がある計算になっています。しかし、このような事実があったとしてもプロデュース会社側は「全額支払い」をしてもらっていれば関係ありません。契約さえできればプロデュース会社にとってはご祝儀がいくら集まっていようがどうでも良いのです。お客様から何か言われれば「ご祝儀はお気持ちですから」と言い返せばよいと思っています。

このような事もあるので「前日までに全額支払い」のプロデュース会社は出来るだけ避けた方が良いと言えます。

モキチ結婚式 の詳細・お問合せはコチラから

東京|ウェディングロケフォト事情
会費金額は2万円|レストランウェディング
レストランウェディング|古民家|ご祝儀制見積もり
神前式とは | レストランウエディング
受付アイテム| 結婚式演出
インタビュームービー|結婚式映像演出