申し込み料金が0円|レストランウェディング

お申込み料金が0円というプロデュース会社にも要注意になります。

「お申込み料金が0円なら安くていいでしょう」と思った新郎さん・新婦さんはもう一度よく考えてください。お申込み料金が0円という事はお互いになんの取り交わしもしていないのと同じことになります。契約書だけを交わしてもお互いに連絡が取れなくなったら終わりという事になります。

もし、数万円でも取引を開始しているのなら法的対応もあると思いますが何も支払っていない状態では相手に対して効力が薄れてしまいます。

通常のプロデュース会社は数万円のお申込み料金を請求します。逆にお申込み料金を取らない事の方が信用できません。お互いの為にお申込み料金は必要な事なのです。

申し込み料金を支払うタイミング

お申込み料金を支払うタイミングも結構重要になります。例えば、会場も見学してないのに先に契約を迫るプロデュース会社だったらすぐに契約を止めて帰宅してください。申込み料金を支払うタイミングは「会場見学をしっかりとする」「見積もりもキチンと確認する」

「契約書を確認する」この3ステップをしっかりクリアしたのちお申込み料金を支払い正式なお申込みとしましょう。

数万円を支払えるか見られている

プロデュース会社が数万円のお申込み料金を支払ってもらう理由は大きく2つあります。1つは先ほど説明した通り「急に連絡が取れなくなる」を防ぐ。2つ目は「数万円が支払えるか確認する」という理由があります。

実はプロデュース会社には様々なお客様が来店します。特に格安系のプロデュース会社には本当にお金を支払う気のないお客様も来店します。支払う気がないだけならまだ良いのですが、お金を持っていないお客様も来店します。「ご祝儀で全額支払う気だったので・・・」という事にならないように数万円のお申込み料金を設定しています。

だからお申込み0円はダメ

このようにお申込み料金の0円という事は「いい加減なプロデュース会社」という事が言える可能性があります。プロデュース会社選びは本当に重要です。お申込み料金の支払いタイミングだけでも色々とわかる事があります。ちょうどいいタイミングのプロデュース会社を選択する事が重要です。

ちょうどいい1.5次会会費ウェディングスタイルがおすすめ

レストランウェディング|東京・神奈川・千葉・埼玉|首都圏版

モキチ結婚式 の詳細・お問合せはコチラから

モキチフーズガーデン|神奈川人気レストラン情報
ゲストハウスウェディング
ザ コルトーナシーサイド台場|ご祝儀制会場紹介
申し込み料金が0円|レストランウェディング
東京レストランウェディング|デメリット
1日中貸切りにしたい人|レストランウェディング