会費金額は2万円|レストランウェディング

会費制結婚式の平均的な会費は2万円と言われています。会費制結婚式で2万円の会費を頂く場合には着席コース料理でゲストを「おもてなし」するスタイルが一般的になります。

会費制結婚式には2つのスタイルがあります

会費制結婚式のスタイルには大きく2つのスタイルがあります。ビュッフェ形式と着席コース形式になります。予算が1.2万円~1.8万円と比較的リーズナブルな会費で実施できるプランがビュッフェ形式プランとなり、お一人様2万円~2.5万円程の会費で行わる事が多くあるのは着席コース料理での会費制結婚式となります。

会費2万円は安い?高い?

有名媒体などをみると会費制結婚式の着席コース料理での会費は2万円が一般的と書かれていますが、首都圏では会費2万円は比較的リーズナブルな会費制結婚式となっています。首都圏の会費制結婚式の平均会費は2.3万円程で2.5万円では会費が高いと判断されがちです。

会費制結婚式に含まれているもの

会費制結婚式とは会費で行う結婚式となります。例えば2万円の会費をゲストから頂いた場合には2万円の会費でどこまでの事ができるのでしょうか?実は会費制結婚式の予算構造は「人数×会費=結婚式予算の一部+自己負担金額=結婚式の総額」という構造になっています。その為、会費制結婚式のプランには料理・飲み物の他に衣装なども含まれておりますが、ゲストの人数が規定に満たない場合には自己負担金額が発生してしまう事もあります。

2万円の会費制結婚式

例えば首都圏で60名のゲストを呼んで会費2万円の会費制結婚式をレストランで行ったとしましょう。まず、首都圏で会費2万円で会費制のパーティーを実施すると自己負担金額が50万円以上になると思って下さい。高いプロデュース会社なら80万円近く必要になります。

料飲食代金で約1.2万円~1.5万円が通常の料金になります。それに結婚式を運営するプロデュー会社の諸々の費用がおよそ1.2万円~1.3万円程でしょう。計算するゲスト一人当たりの価格は2.4万円となります。会費2万円であれば単純に4千円がはみ出てしまいます。

自己負担金額の発生

消費税なども自己負担に加算されるので2万円で会費制結婚式を実施すると約30万円~40万円程の自己負担金額を出す事で、衣装・美容・お花・料飲食代金など全部整う計算になります。

もちろん、高いレストランを選べばもっと自己負担も増える事になります。2万円でちょうどいい会費で整うレストランを選択する事が重要になります

レストランウェディング|東京・神奈川・千葉・埼玉|首都圏版

モキチ結婚式 の詳細・お問合せはコチラから

レストランウェディング|千葉県 会場探し|プロが教える裏技
モキチフーズガーデン|神奈川人気レストラン情報
サンシャインクルーズ・クルーズ|東京人気レストラン情報
スタッフが若すぎるもNG|レストランウェディング
ミクニマルノウチ|東京人気レストラン情報
ブーケプルズとは|レストランウェディング演出